整形外科では四肢(手、足)や脊椎(首、背中、腰)や骨、筋肉、腱、神経などの病気やけがを診ます。具体的には、骨折、脱臼、筋・腱断裂などの外傷、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患、変形性膝関節症、変形性股関節症、膝の半月板・靱帯損傷などの関節疾患関節リウマチや通風など多岐にわたり、全身の疾患を網羅しています。整形外科は機能再建外科ともよばれ、外傷や年齢により失われたり退行した機能を手術やリハビリ等によってできるだけ日常生活に支障のないように再建し、患者様の生活の質をたかめるためのお手伝いをしているのです。