院長:古代 裕次郎
平成19年4月より八塚先生のあとを継ぎまして、玄々堂整形外科にて勤務しております。
平成4年に大分医大に入局致しまして、大学、熊本整形外科病院、山香町立病院、天心堂へつぎ病院、福岡整形外科病院、中村病院で研修を受け、再度戻った大学では鳥巣教授(元教授)、津村助教授(現教授)のもとで人工関節を中心とした膝関節疾患を中心に学んでまいりました。その後、復帰した中村病院では外傷、関節外科、脊椎疾患等全般に診療に携わってまいりました。私のモットーは「ハートフル」に患者さんと向き合うことです。諸般の事情で今回、見知らぬ土地の宇佐にきたわけですが、ところ変われども志変わらずの気持ちで診療してまいりたいと思います。医療の地域格差をなくし、県北に玄々堂整形外科ありと言われるように、スタッフともども患者様のための病院づくりに邁進してまいります。