前立腺がんは、中高年の男性に多く見られるがんです。
アメリカではすでに10年以上前から、男性のがんの中で罹患率(病気にかかる比率)が最も高くなっています。

日本でもライフスタイルの変化に伴い近年急激に患者数が増え、2020年には2000年の約2.8倍になり、肺がんに次いで第2位の罹患率になると予想されています。
前立腺がんは早期に発見し適切に治療すれば、完治も期待できる病気ですから、今後ますます早期発見が重要になってきます。特に前立腺がんのリスクが高まる50歳以上の男性や、家族に前立腺がんの人がいる男性は、定期的に検診を受けることが大切です。


PSA検査とは前立腺がんを発見するための血液検査で、PSA値が高いほど前立腺がんが疑われます。PSAとは、前立腺に特異的なたんぱく質の一種で、健康な人の血液中にも存在します。
しかし、前立腺の病気になると血液中に流出し、PSAが増加するため、前立腺がんの可能性を調べるとともに、早期発見のための指標として用いられています。
PSA検査はごく少量の血液があれば測定が可能で、通常の血液検査と合わせて簡単に行うことが出来ます。前立腺がんは、初期は症状も少ないため発見が遅れがちですが、早期に治療すれば完治も十分に可能ですから、出来るだけ早期の段階で見つけるためにも定期的に検査を受けることがとても大切です。

※何かご不明な点がございましたらいつでもお問い合わせください。
スタッフ一同お待ちしております!